岸本研究室について

ご挨拶

岸本忠史

岸本研究室へようこそ。

岸本研究室では宇宙を構成する物質がなぜ今の形になっているかを実験的に探ろうとしています。研究は素粒子・原子核物理学を基礎にしています。

この問題を物質という立場から突き詰めると最後は素粒子に行き着きます。物質は素粒子があつまって作られますが、それは素粒子間に力が働いているからです。現代物理学は力も素粒子で媒介されることを教えます。素粒子には物質を司るフェルミ粒子と力を媒介するボーズ粒子があります。物質(フェルミ粒子)と力(ボーズ粒子)の関係は複合粒子にも存在し、それが核子や原子核等のハドロンの多様な存在形態を生み出します。

一方宇宙には物質だけがあって、反物質はありません。なぜそうなのかは物理学上の大きな問題です。その解決には粒子数の保存則の破れを調べる必要があり、私たちはその問題に取り組んでいます。

素粒子や原子核は私たちが現実的に扱える最も基本的な単位としての粒子です。岸本研究室ではそれらを用いて、物質の成り立ちを実験的に解明しようとしています。

物理学は自然科学のなかで最も基礎的で、ごまかしのきかない学問です。これを学ぶことで如何に論理的に結論を引き出して行くかを学んで行けます。

ENGLISH
大阪大学 大学院理学研究科 岸本研究室
HOME
メンバー紹介
アクセス / お問い合わせ
リンク
イベント情報
大阪大学 大学院理学研究科 岸本研究室
Tel:06-6850-5378 Fax:06-6850-5530 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1 大阪大学大学院 理学研究科 物理学専攻 H棟 4階
PAGE TOP

岸本研究室について

ご挨拶 研究室運営方針 フォトギャラリー 年間行事/卒業後の進路 学生生活

研究紹介

研究内容と目的 非加速器グループと加速器グループ CANDLES実験 J-PARC E10実験 過去のプロジェクト

メンバー紹介

アクセス / お問い合わせ

リンク

イベント情報

ローカル

Copyright© Kishimoto Laboratory, Osaka University, Graduate School of Science